離婚トラブル

離婚トラブル
結婚をした男女が離婚をするケースが増えています。離婚は今まで築いてきた二人の思い出や財産までも全て分けて、お互いに1人で生きていくことです。もう相手に会いたくない場合であれば弁護士が間に入り離婚の交渉や法的措置を取ります。

離婚する理由は人それぞれ
結婚の時期が遅れ、出生率も伸び悩んでいる日本社会ですが離婚は毎年20万件以上あるそうです。離婚は人生の終わりではありません。再びやり直して再スタートを切る人も多くなっています。若ければ若いほど、やり直しもしやすく、早期に離婚を選択して、再びいい相手を見つけ最高の人生を歩んでいる人もいます。離婚の理由としてよく挙げられるのが、「生活の不一致」です。血がつながっている者同士でもけんかになることはあります。境遇の違う他人なら、毎日一緒に暮らしているとストレスを感じてしまいます。それが性格の不一致になります。

離婚後の子供やお金の問題
性格の不一致であっても、どちらかが我慢してなかなか離婚しない場合があります。その理由として、離婚をするとデメリットが多いなるケースです。子供がいるケースでは養育費や子供の世話などが重くのしかかります。また、経済的な面でいえば、女性は就職が困難になり、経済的に自立することが難しくなります。男性であれば、離婚したことで、会社での立場や職場の雰囲気などを気にする場合が多いようです。

離婚で法的措置を取るケースとは?
性格の不一致といった、お互いの問題が原因での離婚ならまだいいのですが、どちらか一方の問題が原因で離婚したい場合があります。例えば、不倫などの異性関係、暴力・虐待、お酒、ギャンブルなどの浪費などです。たいていは協議離婚になりますが、裁判離婚を行う場合もあります。協議離婚でも弁護士を入れてスムーズに手続きを行うことがあり、それなりの費用もかかります。協議離婚で合意できない場合は、裁判所での調停、審判、裁判といった手続きを取りさらに時間がかかります。離婚時には、財産分与、慰謝料、子供の親権、養育費・面接交渉権、年金分割などを一つ一つ細かく決める必要があります。

まとめ
結婚をしている男女なら誰もが直面する可能性のあるトラブルが、離婚です。思い出や財産、慰謝料、お子さんのこと、将来の年金などを全て協議により分割します。合意できない場合は、調停、審判、裁判といった法的手続きを取ります。揉めそうな場合は、まずは弁護士に相談するところから始めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial