相続時焦点「遺言」

相続時焦点「遺言」
相続時のトラブルを未然に防ぐには「遺言」を利用することです。突然亡くなる場合を除いて、病気や高齢になりいつ亡くなるのかわからない場合は、遺言を残し相続を受ける家族がもめないようにしておきましょう。

亡くなった方の意志が尊重される遺言
相続では、残された家族同士の争いが絶えません。財産が多いほど、誰がどれだけの遺産を相続するのかでもめます。遺言があれば、誰にどれだけの財産を渡したいのかを予め決めておくことができます。遺言は法的にも認められた正式な文章ですが、記載内容や手続きは定められた通りに行う必要があり、形式も厳格ですので細心の注意が必要になります。遺言には、生前にお世話になった人や家族に感謝の言葉を記載したり、遺言の趣旨を書くこともできます。遺留分にも配慮した遺言であれば、誰が見ても納得の相続がスムーズに完了します。

遺言を利用したほうがいいケースとは
財産がたくさんあれば、遺言を残したほうがいいはずです。しかし、これもケースバイケースです。遺言を残すほうがいいケースについて解説します。子供がいない人は、誰に相続すべきか迷います。この場合も親や兄弟、親戚などに相続することを明記したほうがいいでしょう。また、子供がいる場合でも今の配偶者ではなく、前妻・前夫の子供がいれば、自分の子供であれば少しでも財産を分けてあげるといいでしょう。そして、相続人が複数いて仲が悪いという場合も遺言により、予め財産を分配できます。その他、慈善事業への寄付、後継者への遺言、子供の認知などにも遺言が活用されます。

遺言は万能ではない
遺言で全ての財産の分配や死後に予想されるトラブルを解決できるわけではありません。遺言であってもできないことがあります。相続排除の制度があったり、子供を認知して相続させることも可能です。財産の分配の金額ももちろんですが、遺産を管理して分けたり、手続きを依頼する人物や弁護士を指定することができます。
他にも一定期間内の遺産分割の禁止や、責任を負う人物の決定、遺留分請求時の請求の順番なども遺言で決めることができます。

まとめ
遺言の基本的な事項について解説しました。遺族の相続トラブルを避けるために、財産の多い人は、遺言を利用したほうがいいでしょう。遺言は万能ではありませんが、何ができるのかを知り、正しく利用すれば、死後ももめることなくスムーズな遺産相続手続きができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial