借金整理

借金整理
キャッシングや住宅ローン、ブランド品購入の際のローンなど、欲しい物がたくさんあって、次第に借金が増えてしまう人がいます。毎月の借金の返済が収入より多い場合はいずれ破綻してしまいます。借金が減らない、こんな場合はすぐに法律の専門家に相談してください。

借金整理の方法
借金整理をしたいと思い親や知人からお金を借りる方法は、根本的な解決にはなりません。なぜなら一時的に借金がなくなっても毎月の収入以上にモノを購入したり生活費が増えたり遊興費が多すぎたりすると、すぐに借金をするようになりその金額も増えていきます。借金整理は、単に今ある借金を減らす、無くす、という単純なものではなく、その後の生活や収支のバランスを見直すことも大切なことです。そして、法的な借金整理の方法として、法律家を活用すれば良い、ということになります。

主な借金整理の方法
借金整理には、大きくは4つの方法があります。任意整理、自己破産、個人再生、特定調停です。これらを全て総称して、「債務整理」と呼んでいます。債務整理は、借金を合法的に整理する方法です。それぞれにメリットやデメリットがありますが、いずれも手続きを踏めば借金が減る、借金がゼロになる方法です。任意整理は、貸金業者への返済は続きますが、利息や遅延損害金、元金などが支払える範囲内に収まるよう、交渉する方法です。裁判所を介する必要はなく、長期の分割返済にはなりますが毎月の支払額が大幅に減ります。法律の専門家でも自己破産などの他の方法を行う前に、任意整理の方法をすすめることが多くなります。

任意整理、自己破産、個人再生、特定調停などの借金整理
任意整理では一定の収入があり一般的には5年で60回払い以内で、返済が完了できるまで借金額を減らすことが可能です。全ての返済がストップしますが、完済から5年程度は、新たな借り入れができなくなります。ローンやクレジットカードも利用できません。任意整理以外の借金整理方法はデメリットが多く借金は減りますが官報に掲載されたり一定の職業に就けなかったり手続きが煩雑で専門家に支払う費用が多額になることが多いようです。
借金整理で任意整理を選択すると、過払い金返還請求も可能です。場合によっては、専門家の費用も賄えるほど多額の過払い金返還額により、無料で借金整理ができる場合があります。

借金整理のまとめ
借金整理には複数の方法があり各個人の収入や資産の状況に応じて最もベストな解決方法を選ぶ必要があります。そのためには借金整理に詳しい法律の専門家に一度相談してみるといいでしょう。借金整理を依頼するしないに関わらず、無料で相談を受け付けている法律事務所や弁護士も多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial