06/15/2017

ヤミ金

ヤミ金

ヤミ金とは大きく分けて法人専門と個人専門に分かれています。個人専門のヤミ金業者は少額の金銭を個人の口座に送金し、一週間や10日毎に振込まれた金銭に対して倍以上の利息を要求します。この要求に従わないと勤務先や親族に嫌がらせの電話をかけ脅して回収しようとします。悪質な業者になると自宅や勤務先などに出前を頼んだり救急車を出動させたりします。当事務所は、このような違法業者に対しては債務不存在を主張し解決をはかります。また、ご依頼者から手を引かない違法業者に対しては、違法業者が使用している銀行口座の凍結や携帯電話の強制解約等を行いご依頼者の安全を確保するよう努めます。

「システム金融」

システム金融とは企業の手形・小切手を担保に融資を行う違法業者です。

実際にあった例によりますと70万円の貸付に対して10日毎に35万円の手形を3枚交付させた例がありました。当事務所は、システム金融に対しては、債務不存在を主張、手形・小切手の回収に努めます。また、違法業者が手形・小切手の返還をしない場合には、銀行に異議申立預託金を供託するように指導し、その後、民事訴訟を提起するとともに銀行や携帯会社から弁護士法第23条の2に基づき弁護士会照会を行い防犯カメラ映像や電話の名義人等を特定し刑事告訴をいたします。

「集金型の違法業者」

集金型の違法業者は、企業の手形・小切手または、売掛金を担保に融資を行う違法業者です。システム金融との違いは、集金型の違法業者は当座預金がない企業でも私製手形に必要事項を記入させ有価証券の売買を装って融資を行います。当事務所は、集金型の違法業者に対しても債務不存在を主張し、違法業者が使用している携帯電話の強制解約等を行い必要に応じて刑事告訴お行います。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial