マンショントラブル

マンショントラブル
マンションは集合住宅です。賃貸マンションはもちろんですが、分譲マンションであっても共用部分があり全て自分の思うように使えるわけではありません。マンション規約によれば飼うことができるペットの種類が限定されていたりそもそもペット禁止のマンション規約もあります。ご近所とのトラブルを避けるためにペットを飼うときは必ず管理組合との事前相談が必要です。

小型犬でも無断でペットを飼うべきではない
分譲マンションは賃貸で居住しているケースもあり賃貸マンションよりも設備のグレードや居住空間が広い、ということもあって、ファミリー向けとして根強い需要があります。今までペットを飼っていた、分譲マンションでも一階部分の庭があれば、小型犬であれば、飼えるのではないか、と思いますが、やはり事前に管理組合に相談することが大切です。以前から飼っていた大切なペットであれば、対処に困ることがあります。しかし、マンション規約でペット飼育禁止が明示されていれば、管理組合の役員や理事長から必ず話があるはずです。

犬や猫を捨てる、殺して処分するのはかわいそう
感情的になるなら、犬や猫を飼っていて見つかったからといって殺処分したり里親に出したりするのは、かわいそうだと考える人もいます。次善策として今飼っている犬や猫であれば、その一代限りで、飼うことを許可する、といった解決法をとる場合があります。また、管理組合で罰金を徴収するケースもあるようです。ただし、罰金が高額であったり、事前予告なく強制的に退去させるような強引なやり方は、いくら規約違反だからといっても無効になりますので知っておきましょう。

マンション管理規約の拘束力
マンション管理規約が無効になることもある、という話をしましたが、マンションの管理規約の拘束力は、どの程度のものなのでしょうか?マンション管理規約に違反しているということであれば、理事長や理事会からペットの飼育中止を求めることができます。しかし、強制はできません。結果的には、裁判により中止を求めることになります。裁判とは、管理組合総会で裁判を起こすことに関しての決議が必要です。決議を得たら、理事長や委任された弁護士が訴訟を遂行していきます。ところが、勝訴判決が出ても、勝手にペットを連れだすことはできず、間接強制が実行されます。ある例では、ペットの飼育を止めない場合は、裁判所が一日につき妥当な金額の支払いをするよう命令します。妥当な金額とは、ペットホテルの一日の宿泊代だとされています。ペットホテルの宿泊代は意外と高額で5千円~1万円します。

まとめ
マンショントラブルで多いのがペットの飼育問題です。マンション管理規約の規定に基づき、ペットの飼育を行います。完全禁止のところもあれば、小動物や室内犬などに限り飼うことが許されている場合もあります。マンション管理組合理事長からの中止を無視した場合は、裁判による決着が最も一般的な方法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial